作品詳細

龍の還る日

龍の還る日

山田一子

あれはたしかに龍ですが
私だって龍だとは思えませんか

お客はひとりしか乗っていない
読書している老人の前に
失礼します と 腰をおろすと
本からあげた顔が
なんだおまえか
よくみれば父親であった

─中略─

私は膝に箱をのせている
そこには秘密がしまってある
そっと蓋をずらすと
ぼんやりベッドに腰かけた老女の
昔覚えた歌をくりかえす低い声
父があんなに逢いたがっている人はこの中にいる
だが見せることなどできはしない
蓋をもどしてうつむいていると
いつしか眠りにおちていた

ふいに強く膝をゆすられた
眠りから覚めて泳ぐ目が
激しく指で叩く窓にくぎづけになる
すぎる駅のホームで母が
まぎれもない母の姿が
ゆるく列車に手を振っている
父も伸びあがって手を振る
互いに相手を認めた確かさで

時にはこういうこともあるのか
膝から箱が消えている
鼓動が少し早く打っている
列車は走り去っていく
私ひとりを星々の中に置いて

(「星の列車」)


『東を向いた家』(あざみ書房)2013年6月
『あそぶこどもたち』(あざみ書房)2014年3月

詩集
2018/09/01発行
A5版 並製カバー付

1,944円(税込)