作品詳細

ひつじの箱

ひつじの箱

梁川梨里

ある日、わたしがこの世界でみた景色を

見た目の可愛らしさだけに気を取られてはいけない。この本の中で語られる言葉はファンシーなファンタジーではない。しかし、品格を失わないこの詩人が描き出す世界は、ファンタジーに満ちた真実の世界である。

乱視がいいね
やっと、星の仲間入りをした
精確に見え過ぎるがために見過ごした目は
小瓶の中で凝視したまま足を抱えた姿勢で
溝に流されていった

*ふらんしす

一文字多い死の色を白と黒の丸い玉で追う
いかした舶来の名を呼べ
土に還る仕事は蚯蚓に任せた
さよなら、ささくれたさいせい

*    ふらんしす

きみの名をシャボン玉に込めた 
無加護に放たれた呼気のごとく 
わたしの腐りきった魂いの欠片がちいさく瞬いている
気狂いの着ぐるみを着た きみの瞳に

*       ふらんしす
 
乱雑でいい 爛々と整列した
ラマダンの声を成す卵子
必要な分だけをとりこぼす糜爛

にわとりいかに成りすました
ルピナスがよく似合う鳴けない鳥
女という傾ききった文字が
上手に書けるやつなんか信じちゃいけない
薄墨をなぞる いかさま
足の多さより柔らかさが欲しい

もう 瞑ってもいいよ 
だいたい 光ってしまえば   
きみの かちだ
(「らんざつならんし」)

詩集
2017/03/26発行
四六判 並製カバー付

1,620円(税込)