作品詳細

あかむらさき

あかむらさき

小川三郎

狂おしいたそがれ ほんとうのことが怖くて

小川三郎の作品は一篇一篇が短編映画のように迫ってくる。書下ろしの2点「あかむらさき」と「夕暮れ」が入っているが「夕暮れ」の中で詩人は「夕暮れに絶望し」かかとで石を割ろうとする。石はかかとをかわし、何かを主張するかのように詩人の頭を割る。「森も川も空も雲も」すべてが夕日を眺めている中でこの行為は行われるのだ。石も夕日を見ているというのだが、「石」って誰?


  老夫婦の手には
  赤黒い手相がこびりついていて
  その手を川に突っ込んでは
  ごしごしとこすっている。
  私は反対側の岸にいて
  もう帰ろうとしていたのだが
  ならばなんとか助けてやろうと
  川に足を踏み入れ
  老夫婦の方へと歩いていった。
  すると案の定というか
  川底はぬるぬるしていて
  足をとられる。

  私が川底に尻もちをつくと
  老夫婦は
  ふたりして顔をこちらに向け
  はっとした様子をしたが
  しかし豊作だ豊作だと言い続けながら
  手を洗うのをよさなかった。
  私の体が
  腰からだんだん
  薄赤く染まる。
  表面だけではなく
  身体の内も
  髪までも赤く染まる。  (「赤い川」より抜粋)

詩集
2018/10/20発行
四六版 並製

1,620円(税込)